知って得する豆知識 白点病治療 一発完治!

chikioです。

こないだからchibiがオスカーなる熱帯魚を2匹ほど飼育し始めました。

と言っても熱帯魚の事はな~んにも知らないんで、

水槽の立ち上げから餌の手配から魚の水合せから結局あちきの担当になる訳なんです。

しかもchibiは「オスカー」という単語をなかなか憶えきれず、最初の内は

「なんやったっけ?タピオカ?」とか言ってました。

何で「オスカー」が「タピオカ」になるのかは不明ですが、

面倒臭いんで一匹を「タピオカ」、もう一匹を「デンプン」と名づける事にしました。

オスカーといえばご存じの方も多いかと思われますが、あの古代魚です。

もちろんデカくなります。餌はメダカや小赤(キンギョ)などを通常は与えますが、

chibiが【かわいそうだから】ってんで専ら人工飼料のみです。(何のためにフィッシュイーターを飼うたのか・・・)

そんなオスカー君は元気いっぱい!\(^o^)/。あちきもビックリ!

ある日水槽見ると二匹いるはずのオスカー君の内のが一匹「デンプン」がいないのです!

水槽内のドコを探してもいないので、水槽の横を必死に探すもその姿は無く、

見つけたのはホットカーペットの上!?

よっぽど寒かったのか、水槽を飛び出てコタツで横になってました・・・。

chi~nn 南無網陀佛(=人=)

その事実を目の当たりにしたchibiが、一匹ではかわいそう・・という事で、再びショップへGO!

しかし・・・最初に買った二匹はものすごく元気が良かったんですが、

その他の個体は健康状態があまり好ましくない・・。

おそらく餌を食えていない様子・・・。

しかしながらそこは大きなカケに出て、その中でも一番元気な個体を購入。

しばらくは二匹でチョロチョロ泳ぎ回っていたのですが、

やはり後発の個体デンプン2号は元気がない。

餌を上手く食べれない様子。

先発個体のタピオカはバンバン食って、後発個体デンプン2号の1.5倍くらいの大きさになってます。

なので餌を与えても大きい個体のタピオカばかりが食って、

小さい個体のデンプン2号は餌を捕獲できない状況になってしまったのです。

ここへ来て不吉な予感があちきの頭をよぎります・・・

そしてその不吉な予感は的中します。

弱った個体というのは、痩せて体型が小さくなるだけではなく、免疫力も衰えます。

そこへきて立ち上げたばかりの水槽。水質が安定していません。

そうなってくると出てくるのがそう【白点病】です。

デンプン2号が白点病に侵されたのです。

白点病は、最初は魚のヒレに白い点々が出てきます。

やがてその点々はその範囲を広げ、魚の胴体、そしてエラの中へまで侵入してきます。

そこまで来るとほぼ助かりません。白点病が広がる前に何とか手を打たねばなりません。

その方法は幾通りかあります。

まずは水替えをして水温を上げます。白点虫は高温に弱いからです。

それがダメなら食塩を水槽に添加します。これは60cm水槽で湯呑一杯分くらいです。

それでもダメなら最後に薬を使います。ショップに売ってある魚の病気用の薬品です。

しかしこの薬品を使ってしまうと、白点虫は死にますが、同時に水槽内のバクテリアも死んでしまいます。

バクテリアが死んでしまうと、水はまたゼロからの立ち上げになります。

ゆえにこの方法はあまり用いたくはないのです。

したがって今回はまず水温を上げて様子を見ますが・・

第一段階に踏み切った翌日、デンプン2号は天に召されました。Chi~nn(=人=)

結局、先発個体タピオカ一匹になってしまったんですが・・・

残念な事にタピオカにも白点病が発生してしまいました。

もう第二段階に入らねばなりません。食塩です。

水槽に湯呑一杯分の食塩を入れ、回復を待ちますが・・・

白点病経験者の方はお分かりかと思いますが、

そう簡単には治りません。白点はどんどん増えて行きます。

どうしたもんかと半ば諦めかけていた時に、嫁はんが

「鷹の爪(唐辛子)がいいらしいよ」と言い放ちます。

実は嫁はんの勤める美容室に来る営業マンが、副業で熱帯魚販売をしているらしく、その営業マンが

「白点病には鷹の爪がいいです。即効性がありますよ。」と教えてくれたらしいのです。

その日はちょうどネオンテトラを我が水槽へ新規参入させようと考えていたので、

ついでに隣のスーパーで半信半疑ながらも鷹の爪を購入します。

スーパーで鷹の爪を探している途中、どこかで見たことのあるような主婦がニンジンを大量に購入してました。

良く見ると職場の同僚だったので、いきなり

「こんにちは!」と声を掛けてやると超ビビッてました。

そして「買い物している姿をあまり見られたくないです。」

などと分からん事をほざきながら同僚はどっかへ消えて行きました。(そんなことはどーでもいいのですが)

さて、家に帰って来たのも束の間、さっそく鷹の爪を水槽に投入しようと考えますが・・・

よく考えると鷹の爪を投入する水槽はオスカー水槽。

オスカーは何でも口に入れるので唐辛子を食ってしまわれては大変。

というか唐辛子食ったらオスカー自体がどうなるか不安。

なので30秒ほど考えた結果、濾過槽に投入する事に・・・。

我が家のオスカー水槽は上部フィルター。

水が流れる細長いトレーの上に、鷹の爪を姿のまま2本ほど投入。

乾燥した鷹の爪は水をはじくし、何よりしっかり全ての部位が水に浸かっていないけど・・・

まぁっいーか。~>゜)~~~ とそのままテキトーに放置。

あまり期待はしていなかったのですが・・・

翌朝。オスカータピオカの姿を見てびっくり!?\(◎o◎)/! 

なんと一晩で白点の数が激減していたのです。

これには熱帯魚飼育歴15年を誇るあちきも驚愕しました。

その晩にはほとんど白点は無くなり、2昼夜で白点病が完治しました。

スゴイです。この即効性!薬品なんざぁ歯も立ちません。

これは素晴らしい発見です。これまで何度か白点病には悩まされてきましたが、

そのたびに食塩を使って気長に治療してきました。

その中では救いきれない命も沢山ありました・・・

が、こんな方法があったとは・・・。(― ―)

白点病でお悩みの方、是非鷹の爪(唐辛子)を試してみてください。

すぐ治ります。鷹の爪はスーパーに売ってある乾燥したものでOKです。

それを姿のまま濾過槽、或いは水槽に直接投入してください。

あっという間に完治します。

翌週・・・。

時間が出来たので以前から通っていた隣町の熱帯魚ショップへchibiと二人で出かけたところ、

そこには成魚のオスカーが悠々と泳いでいました。それを見てchibiが

「こげん成るったい・・・。」と。あちきが

「今頃後悔しても遅い!」と言おうとした次の瞬間、chibiが

「あれ!スネークヘッドやろ!?あれが欲しい!!!」ですと・・・。

いやいや・・・。どこで飼うん?あんなデカいの・・・。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー: 知って得する豆知識 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中