とーちゃんの日記 ゆとり餅

chikio24です。

こないだの日曜日、餅つきに行ってきました。

なんでもchibiの学校の行事かなんかで、つき手が足りないから来い!ってんで、休みの日に朝早くから起きて行ってきました。(早いつっても集合時間は9時なんですが)

若干遅刻気味ではあったものの、なんとかギリギリセーフ。

もうすでにみんな列んで、各クラスごとに担任の先生から説明を受けてました。

ある程度適当に説明を聞いて、いざ餅つきへ・・。

そこへchibiの担任が寄ってきて、「chibi君のお父さん。よろしくお願いします。」と挨拶をもらうのですが、あちきは担任の先生(♂)と対面するのは初めて。

以前の問題行動からどんな人間なんだろうと思っていたのですが・・・

ほほぉう・・・・なるほど・・・。こいつぁは変態だ。

他人の事をとやかく言える立場じゃぁ無いのでが、一言で言い表すにはその言葉しか無い。

性癖にかなりの問題を抱えていそうな出で立ち。

変態とは正に、こ奴の為にあるような言葉だ。

着替え始めてすぐの女子更衣室のドアをいきなり開けるだけの事はある。

さて、餅つきも始まりあちきもお手伝い。

年に何回かは餅つきにかり出されていますので、餅つきはお手のもん。

しかしこういう時は必ずと言っていいほどいらっしゃる「でしゃばりさん達」。

普段はどんな生活をしているのか知りませんが、餅つきのためだけに生きている様な人々。

例えて言うなら「餅つき国の人々」。

やれお湯を使えだの、腰を入れろだの、餅を回せだの、様々なご指導をいただきます。

こーゆー時は黙って任せるのが一番。

「餅つき国の人々」が頑張ってくれる御陰で、あちきはとっても楽チンなのです。

そーこーしているうちに1臼目の餅が出来上がり、子供たちがクラス別のテントで丸めて行きます。

「餅は餅屋」と言うぐらいでして、もちを丸めるなんざぁ、まぁー普通は体験しませんからぁ。

みんな楽しそう。ワイワイキャイキャイ言いながらやってます。

けど、子供なんてぇそんなもんですけど、しばらくしたら餅丸めに飽きたのか、今度は餅をつかせろとやってきます。

やってきたchibiを見て・・・・ハイハイ・・(◎_◎)・・と言いたくなります。

絶対居るんですね。こういう時には「お馬鹿さん」。

もち取り用のデンプンを顔に塗ったくって顔は真っ白。もはやキョンシー状態。

使用用途は明らかに間違ってますが、本人は超ご満悦のご様子。

こんなガキどもの中にこんな奴が一匹でも出現したらもう大変。

あっと言う間に感染し、あちらこちらでキョンシーが出没します。

そんなキョンシーどもに餅つきさせれば、もうそれこそ様々です。

杵を縦横無尽に振り回すのもいれば、なかなかタイミングを合わせられないの、餅どころか臼ばっかりついてる奴。

それぞれの個性が出てきます。

正に「餅は餅屋」ってな感じでしょうか。

それからしばらくすると、餅つきのペースもだんだん速くなってきます。

次々に蒸し上がった餅米がやって来ては、臼の中に放り入れられます。

捏ねて、ついて、ひっくり返して、また捏ねて、つて、ひっくり返して・・・。

まるでエジプトのピラミッド作りの様に作業は容赦なく繰り返されす。

先ほどまでハリキっていらっしゃった「餅つき国の人々」は、お疲れになられたのか、何処かへ消えてしまいまい、いつの間にかつき手は2人だけ・・・。

ドンドン体力は限界へと近づいて行きます。 

どれ位ついたかは定かではありませんが、自分でついたいくつか目の餅を臼の中でひっくり返して顔を上げた瞬間!

そこにはなぁなぁぁ何とあの問題の変態担任がぁ!!!

これはグッドタイミング!( ̄▽ ̄)

疲れはててクタクタになったところだったので「おう!先生!行こうか!」と威勢よく江戸ッ子風に誘いの声をかけるも「いや・・今日はちょっと手を怪我してるもんで」っとかる~くスルー。

は~!?じゃぁ出でくんな!こんのぉ役立たずがぁ!!!意味がわからん!(▼盆▼#)

この変態教師、まるで働く気は無い様です。

こういう教師には即座に戦力外通告を出すべきじゃぁないでしょうか。

教育委員会の裁量に期待します。

ここら辺まで来ると、もう腕はパンパン。腰はヨイヨイ。

どこいらかで若いおとうちゃんを捕まえようと試みますが、なかなか居ない。

いよいよ「体力の限界です!」ってところで校長先生登場。

あちき達のクタクタの状況を見かねてか、何も言わずに杵を持ち、大いに手伝ってくれます。

流石は学校のトップ!その行動力たるや大したもんです。

校長だけに好調に(そんな下りはいらんですね)餅をついて行きますが、やはり年には勝てない様で・・・。

1臼ついたらいつの間にかフェードアウト。

しかしかなりの戦力になってくれました。

chibiの「校長先生はいい人」というコメントにもうなずけます。

さぁーそろそろ餅つきも終盤。

餅つきの最後と言えばやはりこれです「ゆとり餅」。

つきたての餅をお湯に浸けて、それを熱々のままお湯からすくい上げ、お椀に入れた大根おろしと醤油につけて頂く・・・。

きつかった餅つきの締めはやはりこのゆとり餅でしょう。

期待も大でゆとり餅を待っていると校長が「教頭!それ丸めちゃダメだろう!?」などと教頭に言ってます。

教頭
「へっ?」

校長
「それ丸めたらゆとり餅の分が無くなるよ!?」

教頭
「あっ!(#゚Д゚)y-~~」

しかし時は既に遅し。

ゆとり餅になるハズだった餅は、子供たちに丸められていました。キレーに丸―く。。。。

教頭・・・「あっ!(#゚Д゚)y-~~」じゃねーよ・・・・全く・・(=_=)。

しかし「餅つき国の人々」及びその他の「ゆとり餅大好き人民」は納得が行かないご様子。

何とかゆとり餅を食いたい!ってんで、丸めたデンプンだらけの餅を熱湯に浸ければ何とかなるだろうと、暴挙に出ます。

が、食べてみると、やはりちょっと違う。

chibi達はゆとり餅が初めての経験なので「おぉー!旨い!」と絶賛していますが「これは違う!」と言いたい気持ちを押し殺し、餅つき国から帰って来ました。

帰ってきてお餅を食べるかっていやー・・・

冷凍庫の肥やしになってます。

そんなもんですよ。(-.-)・・・後日chibiの話の中で、

chibi
「今日先生泣いたけんね~」

あちき
「・・・・なんで?」

chibi
「クラスのみんなに【N菌N菌~】って言われて」

・・(=_=)・・変態担任よ、ソナタの健闘を祈る・・・・。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

広告
カテゴリー: とーちゃんの日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中